紙に書いた目標を毎日見ると、なぜ目標を達成できるのか!?

紙に書いた目標を毎日見ると目標を達成することができると言われています。実現するためのシンプルな方法を紹介するので参考にしてみてください!

・なぜ紙に書くと目標を自治減出来るのか。

実際に潜在意識の活用が影響していると考えられているようです。人間の脳は検索エンジンと似ていると言われています。目標というキーワードを入力することにより、こたえを探して行くことが出来ます。自分が決めた目標が、その時から達成に向けて脳がその方法を見つけてくれるようになるのです。

・気づくと叶っていた

その目標ですが、ブログを毎日更新する、毎日7時間以上睡眠時間を確保する、少なくとも週に一度は運動をする、毎日19時には仕事を終えるなどの目標ですが、その時は達成することが難しかった内容ばかりですが、今ではすべて達成することが出来ています。

・忘れてはいけないこと

実際に皆さんは、木曜を毎日眺める事が重要になってきます。更に年初に目標を立てて書く人が多いのですが、それでは意味がないと言われています。目標を紙に書いて寝る前にきちんと眺める事ができると達成した自分をイメージすることが出来るのです。脳で方法が検索されて、目標に向かって行動するだけなのでやってみるようにしましょう。

実際に、こうなりたいとか口に出すだけではできないことが多いと思います。しかし、きちんと紙に書いて目にする事により、目標に向かって行くことが出来ますよね。紙に書いていない状態では、実際に考えていた目標も達成できていない状態で、あきらめてしまう傾向にあると思います。実現するためには、様々な工夫が必要になってくると言われていますが、努力も自然に行うことが出来るようになると思います。

頭の中で分かっていても、行動しない場合には、叶えることはできませんが、努力を兼ねて行動することにより、目標の達成は可能だと思います。実際に、目標を達成することにより、自分に自信をつけることも出来ますし、更に上を目指すことだってできると思います。

自分はなぜできないの?と落ち込んでいる人も今の世の中多いようですが、それをそのままの状態にしていても、先には進むことができせん。出来る事から始める事が重要なポイントになってくるのです。

 

 

与えられたら返したくなる返報性の法則

与えられたら返したくなる返報性の法則にしてですが、報いる、お返し、気が引けるの法則を紹介しますね。

好意は好意で報いる、受けた恩は必ず返す、そっちがそう来たなら自分もなどというような行動は日常でもあると思います。もらいっぱなしの状態では居心地が悪いと感じてしまう心理になってしまいますよね。お返しをする事により、自分も安心できます。仕事上の情報を貰った際には、例えそれが有益な情報ではない場合でも、自分のことを気にかけてくれていると、好意を抱いてくれているなどの想いが一般的となっています。

それで、何かあった際にはお返しをするし、自分も好意を示していることを感情が具体的な形となります。その中で仕事上の繋がりも繋がっていくのです。顔が広く様々な分野に人脈を持っている人は、何かを与える、何かをしてあげるというのが人間関係上のキーポイントになっているのです。

人間関係って面倒と感じている人もいますが、実際に、お互いの好意が人とのつながりを繋いで行くのではないでしょうか。会社でも缶コーヒーを誰かかが買ってくれたとしても、自分も買って返すということが重要になってきます。

最近では、買ってくれるから甘えるという人もいますが、甘えてばかりでは、人間関係をつづける事は出来ません。何かが欲しいからといって、人に好意を持つ人はいませんが、何よりも重要なのはお互いの付き合い方になってきます。

頂いたもは自分が嫌いでも、食べなくても、何かを返すことが重要なのです。難しく考えることはなく、いただくことに感謝することがとても重要になってきます。感謝の気持ちを持つ事により、自然にありがとうと言う言葉を伝える事ができます。

また、今日もらって、明日返すという人もいますが、それはダメです、実際には、数日たってから返すようにしましょう。常識を持つ事により、自然につながっているということが一番大事なことです。本当に貸していた出したり、もらったりした時に嬉しいという気持ちになることもありますが、必要でないものでも好意に感謝することは常識ということを頭に入れておく必要があります。

通販番組で使われる”限定性”、”希少性”の法則|売上アップ作成

通販番組では、よく限定性あ希少性の法則を使っていると言われていますが、人を行動させる理由ってなんなのでしょうか?実際に今回はその原理を紹介するので参考にしてみてくださいね!!

★希少性(限定性の)の原理いつて=人がどのようにものに価値を見出して値段を設定するですが、答えはすぐに出ます。それが希少性なのです。希少であればあるほど価値になります。金や銀が高いと言われていますが、その理由としては、その物の数自体が少ないからなのです。逆に鉄や銅は数が多い為に安いです。

・実際に、何処でも手に入れるものは価値が低く、少ないものは価値が高いと考えることが出来ると思いますが、経済、生活行為の中で人間が身につける共通認識、常識なのです。

・希少性がある人は行動する=自分が住んでいる近くに少し有名な観光地があったとしてもいつでもいけると考えている人は多いし、実際にいったことがないという人も多いはずです。しかし、観光地が閉鎖するとなれば最後なので行っておこうと考えるのではないでしょうか。今まで沢山のチャンスがあったけど、足を運ぶことがなかったけど、閉鎖になると動きだしてしまう人も多いのです。

・理由が必要になる=実際に希少性や限定性といっても、何でも良いというものではなく、希少性が必要になってきます。実際によく見られるものは嘘の限定性となっています。長い間、販売すると予定しているものでも、300個限定などのキャッチコピーで使っている人がいます。実際、お客様は、300個限定で購入したとしても、また、出ているという問題で、もっと安くなるという考え方となっていますし、慣れているので嘘と理解している人が多いのです。限定性には、数と期間と特典の3つがあります。

実際に、本当に必要なものの場合には、少し高額でも買う必要がありますが、今の時代のように何でも手に入れる事ができる時代には、サービスが問題となってきますが、最近では、限定性の嘘が多くなっています。これで人を動かしているようにしか見えませんが、販売側もきちんと考えて欲しいと感じています。

最後のチャンスと数ヶ月前に見た商品が、数か月後はその商品に特典がついている状態になっていますが、それは思ったより反響のなかった商品だということが、多くの方が学んでいるのではないでしょうか。

エキサイト電話占いが当たった!※私の体験談を暴露します!

ホリエモンに学ぶお金の哲学・・・

ホリエモンってしっていますか。ホリエモンのお金とは信用を数値化したものとなっています。今回はホリエモンに学ぶお金の哲学について紹介するので参考にしてみてくださいね。

 

実際に、お金とは何のでしょうか。お金が信用を数値化したのもで、抽象的でわかりにくいと感じている人もいると思いますので詳しく説明しますね。

例)あなたの財布の中には一万円札が入っているとします。それは日本銀行が国の中央銀行として発行する日本銀行券なのです。実際に、印刷物としての原価から考えてみると、あなたの財布に入っている一万円札の紙きれは一万円分の価値がないのです。あっても数十円程度と言えます。

お金が価値になるのは、国や日本銀行の信用のおかげとなっています。国が定めた法定通貨だから間違いないし、日本銀行が発行しているので間違いという信用なのです。

お金=通貨

クレジット=しるし

となっていて、国やに日本銀行の信用が失われてしまうと一万円札の価値はただの紙切れになってしまいます。

信用をお金と切り離してみると、ヒッチハイクをしていた大学時代、素性を怪しまれ、何だいも車は通りすぎるだけで中々のせてもらうことが出来ないこともあります。なので、東大の学生証を見せると本当に大学生と訴えるだけで意外とヒッチハイクがうまくいきますよね。

若い人を乗せるのは不安という人もいますが、そこに東大生と分かれば大丈夫だろうと社会的な信用があります。

何より重要なことは、お金があるからではなく、数千円の貯金しかない場合でも、信用が重要になってくるのです。実際に財産がある人が孤独でなくなってしまう人も多いと言われていますが、信用はどんなにたくさんのお金を持っていても、買うことが出来ません。

信用の道は自分で開いて行く必要があり、コツコツと大変な事だけど、お金を投資する時代は終わっています。実際にこれからは、お金ではなく、信用に投資することが重要になってきます。

お金で自分や周りをすくうことは出来ませんが、死ぬ時でも沢山の人に囲まれて死を迎えるか。孤独で死んでいくかという問題でもあります。生きていくためには、何よりも、お金が一番大事と考えている人も多いと思いますが、そうではありません。

何よりも、信用を持たれることにより、あなたが病気をして、お金がなくても助けてくれる人は沢山になります。100円ずつ出してもらっても沢山の信用があればかなりの金額となりますよね。

これからの時代は、信用が一番重要になってきます。

つき合う人で自分の人格が形成されるミラーニューロンの法則

ミラーニューロンの法則って知っていますか?ミラーニューロンはイタリア-パルマ大学のジャコーモ・リッツォラッティらにより1996年に発見されたと言われています。今回は、ミラーニューロンについて紹介するので参考にしてみてくださいね。

脳の判断において人の行動を見て、モノマネをする神経細胞なのです。人は嫌でも周りの影響を受けてしまう法則があり、付き合う人により、自分の人格が形成されるようになっています。真似をしたり、この人にふさわしい人になりたいと感じる事がありますよね。

実際に、あなたの友人5人の年収を足して5で割ることにより、平均年収が出てきます。それがあなたの年収になるのです。年収を上げたいと考えている場合には、周囲の人間関係を変える事からスタートになってきます。今の自分の現況に不満がある場合には、周囲の人間関係を変える事が重要になってくるのです。

・ミラーニューロンはモノマネ細胞だ捉えましょう。

育った地域の影響を受ける。受けた教育の影響。親の影響。友人の影響。住環境の影響。生まれた国の影響などすべてミラーニューロンの法則に当てはまっているのです。

人って人をうらやんだりすることがありますが、実際に、性格だけでなく、考え方などが同じ人と付き合って行くことが、自分のことを周りが理解してくれるために楽です。しかし、逆に合わせながら付き合って行くことは難しいと感じてしまいますが、それでも、たくさんのことを学ぶことが出来ます。

人間は、自分や周りに満足するのではなく、きちんと自分がプラスになることをやってく必要があり、悪いと分かっていてもやってしまうという人もいますが、周りに流されることもあるからなのです。

やってしまった後で後悔することも沢山ありますが、それがミラーニューロンの法則と言えます。人をうらやむなどがある場合には、努力して勝ち取る方法を考えることにより、自分の力を発揮することが出来ますが、狡さなどで周りにかったとしても嬉しくないですよね。

人は、自分のことを棚に上げてものを言うこともありますが、自分も同じなのにと気が付くことも実際にありますよね。自分の行動だけでなく、周りの行動を真似る習性のある人間にとっては、誰でもがある問題と言えるのです。

実際に赤ちゃんも同じです。親が言う言葉を一番早く覚えます。それと同じで、人間の脳ではミラーニューロンの法則により、自分の周りに自然に近づいてしまう傾向にあるといえるのです。