通販番組で使われる”限定性”、”希少性”の法則|売上アップ作成

通販番組では、よく限定性あ希少性の法則を使っていると言われていますが、人を行動させる理由ってなんなのでしょうか?実際に今回はその原理を紹介するので参考にしてみてくださいね!!

★希少性(限定性の)の原理いつて=人がどのようにものに価値を見出して値段を設定するですが、答えはすぐに出ます。それが希少性なのです。希少であればあるほど価値になります。金や銀が高いと言われていますが、その理由としては、その物の数自体が少ないからなのです。逆に鉄や銅は数が多い為に安いです。

・実際に、何処でも手に入れるものは価値が低く、少ないものは価値が高いと考えることが出来ると思いますが、経済、生活行為の中で人間が身につける共通認識、常識なのです。

・希少性がある人は行動する=自分が住んでいる近くに少し有名な観光地があったとしてもいつでもいけると考えている人は多いし、実際にいったことがないという人も多いはずです。しかし、観光地が閉鎖するとなれば最後なので行っておこうと考えるのではないでしょうか。今まで沢山のチャンスがあったけど、足を運ぶことがなかったけど、閉鎖になると動きだしてしまう人も多いのです。

・理由が必要になる=実際に希少性や限定性といっても、何でも良いというものではなく、希少性が必要になってきます。実際によく見られるものは嘘の限定性となっています。長い間、販売すると予定しているものでも、300個限定などのキャッチコピーで使っている人がいます。実際、お客様は、300個限定で購入したとしても、また、出ているという問題で、もっと安くなるという考え方となっていますし、慣れているので嘘と理解している人が多いのです。限定性には、数と期間と特典の3つがあります。

実際に、本当に必要なものの場合には、少し高額でも買う必要がありますが、今の時代のように何でも手に入れる事ができる時代には、サービスが問題となってきますが、最近では、限定性の嘘が多くなっています。これで人を動かしているようにしか見えませんが、販売側もきちんと考えて欲しいと感じています。

最後のチャンスと数ヶ月前に見た商品が、数か月後はその商品に特典がついている状態になっていますが、それは思ったより反響のなかった商品だということが、多くの方が学んでいるのではないでしょうか。

エキサイト電話占いが当たった!※私の体験談を暴露します!