つき合う人で自分の人格が形成されるミラーニューロンの法則

ミラーニューロンの法則って知っていますか?ミラーニューロンはイタリア-パルマ大学のジャコーモ・リッツォラッティらにより1996年に発見されたと言われています。今回は、ミラーニューロンについて紹介するので参考にしてみてくださいね。

脳の判断において人の行動を見て、モノマネをする神経細胞なのです。人は嫌でも周りの影響を受けてしまう法則があり、付き合う人により、自分の人格が形成されるようになっています。真似をしたり、この人にふさわしい人になりたいと感じる事がありますよね。

実際に、あなたの友人5人の年収を足して5で割ることにより、平均年収が出てきます。それがあなたの年収になるのです。年収を上げたいと考えている場合には、周囲の人間関係を変える事からスタートになってきます。今の自分の現況に不満がある場合には、周囲の人間関係を変える事が重要になってくるのです。

・ミラーニューロンはモノマネ細胞だ捉えましょう。

育った地域の影響を受ける。受けた教育の影響。親の影響。友人の影響。住環境の影響。生まれた国の影響などすべてミラーニューロンの法則に当てはまっているのです。

人って人をうらやんだりすることがありますが、実際に、性格だけでなく、考え方などが同じ人と付き合って行くことが、自分のことを周りが理解してくれるために楽です。しかし、逆に合わせながら付き合って行くことは難しいと感じてしまいますが、それでも、たくさんのことを学ぶことが出来ます。

人間は、自分や周りに満足するのではなく、きちんと自分がプラスになることをやってく必要があり、悪いと分かっていてもやってしまうという人もいますが、周りに流されることもあるからなのです。

やってしまった後で後悔することも沢山ありますが、それがミラーニューロンの法則と言えます。人をうらやむなどがある場合には、努力して勝ち取る方法を考えることにより、自分の力を発揮することが出来ますが、狡さなどで周りにかったとしても嬉しくないですよね。

人は、自分のことを棚に上げてものを言うこともありますが、自分も同じなのにと気が付くことも実際にありますよね。自分の行動だけでなく、周りの行動を真似る習性のある人間にとっては、誰でもがある問題と言えるのです。

実際に赤ちゃんも同じです。親が言う言葉を一番早く覚えます。それと同じで、人間の脳ではミラーニューロンの法則により、自分の周りに自然に近づいてしまう傾向にあるといえるのです。