与えられたら返したくなる返報性の法則

与えられたら返したくなる返報性の法則にしてですが、報いる、お返し、気が引けるの法則を紹介しますね。

好意は好意で報いる、受けた恩は必ず返す、そっちがそう来たなら自分もなどというような行動は日常でもあると思います。もらいっぱなしの状態では居心地が悪いと感じてしまう心理になってしまいますよね。お返しをする事により、自分も安心できます。仕事上の情報を貰った際には、例えそれが有益な情報ではない場合でも、自分のことを気にかけてくれていると、好意を抱いてくれているなどの想いが一般的となっています。

それで、何かあった際にはお返しをするし、自分も好意を示していることを感情が具体的な形となります。その中で仕事上の繋がりも繋がっていくのです。顔が広く様々な分野に人脈を持っている人は、何かを与える、何かをしてあげるというのが人間関係上のキーポイントになっているのです。

人間関係って面倒と感じている人もいますが、実際に、お互いの好意が人とのつながりを繋いで行くのではないでしょうか。会社でも缶コーヒーを誰かかが買ってくれたとしても、自分も買って返すということが重要になってきます。

最近では、買ってくれるから甘えるという人もいますが、甘えてばかりでは、人間関係をつづける事は出来ません。何かが欲しいからといって、人に好意を持つ人はいませんが、何よりも重要なのはお互いの付き合い方になってきます。

頂いたもは自分が嫌いでも、食べなくても、何かを返すことが重要なのです。難しく考えることはなく、いただくことに感謝することがとても重要になってきます。感謝の気持ちを持つ事により、自然にありがとうと言う言葉を伝える事ができます。

また、今日もらって、明日返すという人もいますが、それはダメです、実際には、数日たってから返すようにしましょう。常識を持つ事により、自然につながっているということが一番大事なことです。本当に貸していた出したり、もらったりした時に嬉しいという気持ちになることもありますが、必要でないものでも好意に感謝することは常識ということを頭に入れておく必要があります。